MacでRails環境構築手順

    【rbenv】・・・rubyのバージョン管理ツール
    $ brew install rbenv
    $ brew install ruby-build
    $ rbenv version
    $ echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' > ~/.bashrc
    $ source ~/.bashrc
    
    【プロジェクト】
    プロジェクトがない場合
    $ mkdir <プロジェクト名>
    
    or 
    
    プロジェクトがある場合
    $ git clone <プロジェクトURL>
    
    【ruby】・・・言語じゃい。
    $ cd <プロジェクトがある場所>
    $ rbenv install --list
    $ rbenv install <rubyのバージョン>
    $ rbenv rehash
    $ ruby -v
    
    【bundler】・・・gemのバージョン管理
    $ gem install bundler
    bundlerだけはグローバル管理にしてrubyのバージョン管理をする。bundlerを使うことでプロジェクト毎にgemを管理できる。
    さらにbundlerではinstallするgemをGemfileに記述し、そのGemfileをgit等で管理すれば複数人の開発者の開発環境を同期させられる。
    $ gem list --local | grep bundler
    $ bundle -v
    
    【mysql】・・・データベース管理システム
    $ brew install mysql
    $ mysql.server start
    $ mysql -uroot
    > CREATE DATABASE <データベース名>
    > CREATE USER '<ユーザー名>'@'localhost' IDENTIFIED BY '<パスワード>';
    > GRANT ALL PRIVILEGES ON <データベース名>.* TO '<ユーザー名>'@'localhost';
    > FLUSH PRIVILEGES;
    
    【rails】・・・Rubyを使用するMVCのWebフレームワーク
    プロジェクトを最初から作っている場合
    $ vim Gemfile
    
    railsのコメントアウトを外す
    $ bundle exec rails new .
    
    railsからmysqlを使えるようにする
    $ vim Gemfile
     # gem "sqlite3"
     gem "mysql2"
    
    $ bundle install -j4 --path=vendor/bundle
    bundle install のみを打ち込むとrbenvを利用していた場合、/Users/ユーザー名/.rbenv/versions/バージョン名/lib/ruby/gems/...以下にインストールされる。
    
    <Railsプロジェクト>/db/migrate以下にマイグレーションファイルがある場合
    $ bundle exec rails db:migrate
    
    <Railsプロジェクト>/db/seeds.rbがある場合
    $ bundle exec rails db:seed
    
    $ bundle exec rails s
    http://localhost:3000で動作確認。
    
    【rails API】
    RailsをAPIモードで動作させる場合。
    $ bundle exec rails new --api <プロジェクト名>
トップへ